分析日本人的义务加班的原因_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(我的美女老师)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-24
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:8850
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:日本のサービス残業は世界的でも有名であるといえよう。日本ではサービス残業は違法であるが、中小企業はもちろん、大企業にも蔓延している。日本人は残業申請を行わない形や、職場外での仕事をさせるなどいろいろな形でサービス残業をする。

  本研究はいくつかの立場から、それなりの理由を分析してみた。まずは、日本の国民性から見ると、日本人は強烈なグループ意識を持っていて、みんなと同じことをすることにより、日本人はグループの中で帰属感が得られると見られている。それに日本人は武士道忠義精神に影響されている。サービス残業は武士道精神の現代社会での新しい表われである。それに、日本社会の競争プレッシャーが強いことから、会社は生きていくために残業しなければならない。それと同時に、会社員も残業しなければならなくて、もちろんこの際の残業は自ら進んでいるといえよう。これらの理由から見ると、日本人は残業しなければならない。当然、日本政府もいろいろな政策を出してサービス残業を禁止、制限していては見たが、なかなか効果は得られなかったみたい。サービス残業は日本の社会現象の一つであると同時に、国民性の現われのひとつである。

キーワード:サービス残業;存在形式;グループ意識;忠義精神

 

中文摘要:日本人的无偿加班,在全球是非常有名的。在日本这样的义务加班是违法的,但它却不仅在中小企业,甚至在大公司都有蔓延。日本人通过不打加班报告、把工作带回家等方式为公司无偿加班。

   本文从分别从三个方面来分析其原因,一是从日本的国民性来看,他们受强烈的集体主义精神影响,喜欢和自己的同事一起工作,因为只有在这个集体中他才有归属感。而另一方面日本人深受武士道忠义思想的影响,无偿为公司加班也成为了武士道精神在现代社会的一种新体现。再者就是日本竞争压力很大,公司为了在竞争中存活下去不得不加班工作,而员工就不得不加班,这时的加班是一种自愿的行动,所以日本人不得不加班。这是一种社会现象,也是国民性的一种体现。

关键词:义务加班;存在形式;集体意识;忠义精神

 

  現在大部分の日本人は退勤時間になってもまた仕事している。朝7時に家を出て、夜の11時に帰る。子どもと一緒に食事をするのは休日のみ、日曜日は疲れてテレビをみながら昼寝、家族のために働きながら、家族とすごす時間はほとんどないである。これは日本サラリーマンの生活の実態である。

  日本人は世界で勤勉な印象がある。日本人の勤勉さは富士山ように有名である。勤勉は日本人の国民性である、この国民性は第二次世界大戦後に神話を作った。日本人は非常によく働くと国際的に評判がある。日本人は何に対しても一所懸命で、正確にやる特性がある。勤勉は日本のシンボル的な特徴になる。彼らの勤勉さは第二回世界大戦後の経済奇跡を創造した。また深刻なストレスと高過労死社会になる。日本人は何に対しても一生懸命に、正確にやる特性がある。

  本稿は日本のサービス残業を通して、最後に本当の日本人を見る。なぜ日本人はよく残業するか。残業はどんな形で存在するか。日本人残業の理由はなんであるか。いろいろ研究を通してどんな日本人は現れるか。

 

相关论文题目: