分析芥川龙之介作品的魅力-罗生门、鼻子、橘子、竹林中_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(我的美女老师)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-29
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:7697
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:芥川龍之介は大正時代における優れた作家で、新現実主義の代表的な作家であり、短編小説を得意とする。周知のように、「芥川賞」は日本文学界における最高の賞である。これは芥川龍之介を記念するために、設立したものだ。

芥川龍之介の短編小説は、歴史題材の作品でも現代題材の作品でも、上品な言葉、きめが細かい心理描写、巧妙な分布で彼の独特な芸術風格を表す。彼の短編小説は題材が幅広い、構想も巧妙で,思想内容も深刻である。それらは、芸術の風格を有した、清新なものであり,その技巧には深い造詣が見られる。主人公の心理描写を通して、人間の複雑で込み入っている思想意識を反映する。

これは芥川龍之介の作品のもっとも大きな魅力である。そして、芥川は作品を通して、当時の社会を描き出す。

 この論文は上述の点について、芥川の早期、中期、そして晩期の代表的な四作品『羅生門』、『鼻』、『蜜柑』、そして『藪の中』で、例を挙げて論述した。

一、『羅生門』について、下人の心理の変化を克明に描写して、当時の暗い社会を反映した。下人の心理の推移を通して、善にも、悪にも、徹底しえない不安定な人間の姿を描く。

二、『鼻』について、禅智内供の鼻の長さに対しての微妙に屈折する心理を描く。高僧である禅智内供までも、自尊心のゆえに、右顧左盼する人間の弱さと「傍観者の利己主義」を表現する。

三、『蜜柑』について、知識人の「私」が一人の三等の切符を買った二等の車輌に間違って入る小娘に対しての心理の変わる過程を描く。これを通して

当時、「私」のような日本の知識人の精神世界の空虚と苦悩を描き出しただけでなく、貧しい人間の上品な品質を表現した。

 四、『藪の中』について、四人の証言と三人の当事者の話を別々に書いて、客観真理ははっきり分かりにくいことを、そして、我々人間は自分の立場に基づいて、自分の解釈を話すことを表現する。

「我我人間は一人一人、目で社会を認識する。人間の社会に対する心理状態もさまざまである。」芥川の作品を読んだ時、読者には上述の感覚がある。

キーワード:芥川龍之介  心理描写 短編小説 羅生門 鼻 蜜柑 藪の中

 

中文摘要:芥川龙之介是大正时代优秀的作家,是新现实主义的具有代表意义的作家。是短篇小说界的巨臂。众所周知,芥川奖是日本文学界最高的奖项,这就是为了纪念芥川龙之介而设立的。

  芥川的短篇小说不管是历史题材的还是现代题材的作品,都以其典雅的语言,细腻的心理刻画,巧妙的布局,显示其独特的清新隽永,技巧精湛,文体变化多采,文字清丽精辟的艺术风格。他的作品题材广泛,构思精巧,思想内容深刻。通过对主人公的心理描写反映了人们复杂的内心世界。这就是芥川龙之介最大的往往魅力所在。而且,芥川通过他的作品来反映当时的社会。

  这篇论文就是对上述这一点,分别例举了芥川早期,中期,晚期的代表性的作品《罗生门》,《鼻子》,《橘子》,《竹林中》来进行论述。

一,《罗生门》

 通过对下人心理变化的描写来反映当时黑暗社会的现实。 描写了不管是善还是恶都不安定的人间的姿态。

二,《鼻子》 

  通过对高僧禅智内供对与他的鼻子的长短而产生的微妙的心理的描写,表现出了即使是高僧禅智内供也会因为自尊心的缘故而左顾右盼,这种人的软弱和旁观者的利己主义。

三,《橘子》

  描写了作为知识分子的《我》一个买了三等票却误闯进二等车厢的姑娘的心理转变过程。通过这个来反映了当时日本象《我》这样的知识分子的精神世界的空虚和苦恼。也表现出了劳动人民的优秀品质。

四,《竹林中》

  分别写了四个证人的证词和三个当事人的供词,来表现客观真理是难以理解的,也反映了人们都是站在自己的立场上来讲话的这个道理。

  我们读芥川龙之介的作品是都会有这种感觉:人们都是以不同的眼光来看待社会的,人们对待社会的心理状态也是各种各样的。

关键词:芥川龙之介 心理描写 短篇小说 罗生门 鼻 橘子 竹林中

 

相关论文题目: