日本企业的入社教育_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(邻座的怪同学)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-11-08
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:7984
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:日本は経済大国である。日本企業は社員の能力を重視し、高めるために、たくさんの訓練コースを作った。多くの企業で社員に対する入社教育がしっかり行われている。

  本稿では日本企業の入社教育制度の発展、特徴、長所、欠点などを検討する。まず、日本企業の新人研修制度の進めを分析する。それから、東芝、松下などの有名な日本企業を例として、日本企業内の入社教育の内容、方式を分析することを通じて、特徴を分析する。その結果、内容の面で日本企業は新人に企業文化や集団意識など社員の思想教育を重視し、実行力と自習する能力がある人材を求めることが分かった。方式の面で大企業内で教育部門を設立し、社会で新入社員研修サービスを提供する専門学校も現れた。日本企業の教育制度はすでに単一の技術訓練から総合的、戦略的、能力の開発を目的にする訓練体制になる。教育制度は実用、科学、システム化などの特徴を持って、規範化と制度化に達した。システム化の入社教育制度は日本企業が発展するのに肝要なところであり、日本企業及び日本経済が急速に発展する重要な原因であるかと思う。しかしながら、新卒はほとんど学校教育に似ている研修方式にはあまり関心がないようである。中国の企業は入社教育を行っているが、日本企業に比べて不完全な点が明らかになる

キーワード:入社教育 内容 方式 欠点

 

摘要:众所周知,日本是世界经济大国。日本企业十分重视员工的能力,为提高员工的能力,设置了丰富的培训课程。很多企业对员工进行严格的培训。

   本稿讨论了日本企业的入社教育制度的发展、特点、优点、不足等。首先,分析了日本企业的新人进修制度的来历。然后,通过对东芝、松下等知名企业的具体例子的了解,分析日本企业内的入社教育的内容及方式。在内容方面,日本企业重视对新人理解企业文化和培养集体意识的思想教育,寻求实践能力和自学能力强的人材。在培训方式的方面、大企业在内部设立专门的教育机关,社会上还出现了专门提供新职员进修服务的培训学校。日本企业的教育制度已经从单一的技术训练发展到综合性的、战略性,以注重能力开发为目的训练体制。这种培训制度具有实用、科学、系统化等的特征,达到了规范化和制度化。系统化的入社教育制度是日本企业发展的部分,是日本企业及日本经济迅速的发展的重要的原因。然而,大多数毕业生对有些类似于学校教育方式的培训方式并不热情。中国的企业现在也在发展员工培训,但与日本企业相比还暴露了很多问题。

关键词:入社教育;内容;方式;不足

 

  日本は経済大国である。中国の改革開放の進みとともに、多くの日本企業が中国に進出している。日本の歴史の勉強を通じて、日本経済の発展は目覚しいものであると分かった。日本企業の経営には学ぶに値するものがあると認めている。日本式管理についていろいろな本が出てきった。私は日本企業の説明会に行った時、初めて入社教育という言葉が分かって、多くの企業で社員に対する入社教育がしっかり行われていることも分かった。日本企業は社員の自習能力を重視し、高めるために、たくさんの訓練コースを作ったと聞いた。そのために、日本企業のシステム化の入社教育制度に興味を湧いた。日本式管理についての研究はあるが、入社教育という制度の研究は十分でない。いったい入社教育はどのようなものか、どんな特徴があるか、どんな長所があるか、どんな不完全な所があるか。本稿では入社教育の状況をふまえて、有名な企業の人材の育成方法について分析し、入社教育制度のいい点を明らかにしようとする。本稿では、まず第一に入社教育の存在、発展について分析し、第二に具体的な例を引用し、その方式、内容の面で入社教育制度の特徴を検討し、中国企業の状況と比較する。これによって、日本企業の入社教育を深く理解し、中国企業の入社教育の問題を明らかにしたいと思う。

 

相关论文题目: