日本的二氧化碳减排政策_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(怪叔叔)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-03-23
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:8597
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要 旨:日本の二酸化炭素削減制度は1997 年11 月に京都で行われた国連気候変動枠組み条約第3 回締約国会議(COP3)で京都議定書の採択から発足したといえる。その実行は、京都メカニズムに基づいて行われてきた。低いコストで排出削減を可能とする京都メカニズムを利用することは、日本にとっても重要な選択肢といえるでしょう。京都メカニズムは、それぞれ「クリーン開発メカニズム」(CDM)、「共同実施」(JI)、排出量取引(ET)、吸収源活動に分けられていて、この中では、排出量取引(ET)は経済と環境を両立させるというメリットで重視されている。また、日本の国内排出量取引制度の枠組みおよび実行効果に関しては、非常に興味深い課題でもあると思うため、資料収集や統計データを調べた上で分析を行い、論文をまとめてみたのである。

キーワード:京都メカニズム 排出量取引 国内排出量取引制度

 

中文摘要:在1997年于京都举行的联合国气候变动应对组织第三次缔约国会议(COP3)上,诞生了著名的《京都议定书》。《京都议定书》中制定了有关二氧化碳减排的京都机制。自此,京都机制成为了日本日后制订的二氧化碳减排制度的基础。为阐述日本的二氧化碳减排政策,本文将介绍京都机制的构成以及具体内容。其中,将作重点论述“排放量交易”,因为此制度具有能够促进经济与环境保护共同发展的特点。同时,“排放量交易”中的“国内排放量交易”(即企业与企业之间的交易)在日本近年的二氧化碳减排活动中成绩较为显著,在本论文中也将对其基本构架以及近年来所取得的成绩进行详细论述。

关键词:京都机制 排放量交易 国内排放量交易制度

相关论文题目: