论志贺直哉《和解》中的“和解”意识_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(heat000)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-03-24
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:7951
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

はじめに

 特に『和解』(1917年)の完成は、この「戦う人」から「和解する人」への意識転換の代表的な作品と評価される。ところで、父子の和解を達成させるものは何だろうか。ある日本の文芸評論家により、  「大局的にいえば、祖母の存在、特に高齢にあった祖母の病気であった、といえる。しかし、見方を変えてみれば、志賀直哉その人に、約三年間の沈黙の後に『城の崎にて』のような幽玄味を帯びた作品を書き、『好人物の夫婦』や『赤西蠣太の恋』のような調和的な作品を書くだけの心境の変化が到来したからであったとおもわれる。」③言い換えれば、祖母に対する愛情と調和的な心境変化が父子の不和を解く大きな要因と言える。そして、  「“和解”是爱的“吸收效能”和“包容力”运动的过程和结果。」とある中国の有名な学者が言うように、M君に対する友情と親子に対する愛情の存在、即ち、その愛情意識の変化とともに、和解への成功に大きな影響を及ぼした。

 しかし、よく考えてみると、『和解』の作品の中で、実に長女慧子の死亡の場面と次女留女子の出産の場面は迫真的に描かれているが、この二つの重大な事件の発生により、主人公にとってどのような影響を与えられたのか。その他、義母が、この小説の中で一つの登場人物として、父子との和解を順調に達成させるように、どんな役割を演じるのかにはまだ言及していないようである。

相关论文题目: