志贺直哉的心境小说ー以《在城崎》为中心_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(heat000)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-03-25
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:9500
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:これまでの研究によって、私小説という用語が初めて用いられたのが大正九年九月であり、大正十三年以降の心境小説論議を待って心境小説の肯定的な概念化が行われたということが明らかにされてきている。志賀の一部分の作品は、心境小説の最も代表的なものだと言われて今でも人気がある。

  心境小説作家としての志賀直哉を考えるときには、その概念を前提とするのでなく、むしろ彼がいかにして心境小説作家になったのかという経過こそを問う視点が必要である。

  本稿は、志賀直哉の作品の形式面、特に志賀直哉の心境小説の代表作--『城の崎にて』を中心に、志賀直哉が心境小説の創作に転換したのは家庭や社会環境の変化や自分の心境の変化によるもので、また『城の崎にて』という文章は志賀氏の人生の眞諦を探ろうとする心境を描写していて、心境小説という語の発展にあたって志賀直哉の作風がとても重要な役割を担っていることがわかった。志賀直哉の作品が同時代において「小説の神様」と呼ばれた原因も明らかになった。

キーワード:志賀直哉;心境小説;転換;特色

 

中文摘要:根据以往的研究,私小说这一用语在大正九年九月首次被提出,到大正十三年以后,心境小说这一提法已经受到了普遍的肯定。而志賀直哉的部分作品作为心境小说的杰出代表,受到了读者的广泛好评,直到如今还为人所津津乐读。

   当研究志賀直哉时,我们并不需要拘泥于“志賀是心境小说的代表作家”这一前提,真正值得我们研究的应该是志賀为何会创作心境小说这一问题。

   这篇论文就是以志賀的心境小说代表作《在城崎》为重点,明白了志賀直哉由于家庭,社会环境的变化和自身心境变化等原因开始转向心境小说创作和《在城崎》中所表现出的作者探求人生真谛的心境的展开,以及作者创作上的特点等,对作者当时在文坛上的十分重要的作用以及被称为“小说の神様”的原因有了进一步的认识和认可。

关键词:志贺直哉;心境小说;转换;创作特色

相关论文题目: