论《伊豆的舞女》的文学特质_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(白色球鞋)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-04-14
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:9234
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:1968年度ノーベル文学賞受賞者の日本作家川端康成は自身なりの鋭い感覚と優れた創作テクニックで、当時の日本人の精神生活を描き出した。彼はインド詩人クゴールが受賞した後、この栄誉を勝ち取った二番目のアジア人だ。『伊豆の踊り子』は彼の初期の代表作品である。川端康成の受賞した作品『雪国』、『千羽鶴』と『古都』と同じく、芸術として、全世界の文学界の中でも得難い貴重な宝物である。この小説は日本でかつて何回も映画に改作されて、何世代もの若い人は感動させられた。

  川端康成には数多くの著作がある。その中、長編小説、短編小説、散文、エッセー、講演、評論、詩、日記などを含んでいる。例えば、『浅草紅団』『禽獣』『山の音』『眠れる美女』『水晶幻想』『高原』『哀愁』『東京の人』『富士の初雪』などである。ご存知のように『伊豆の踊り子』が川端の代表作のひとつとして全世界中有名である。中国では『伊豆の踊り子』の訳本を出回って以来、刊行数が百万を超えているようである。川端康城は1918年に『千世代』を創作した8年後、つまり1926年に『伊豆の踊り子』はに『文芸の時代』という雑誌の中に発表されたよく構想し、加工して、最後にとてもすばらしい作品になった。この初期作品の中で、川端の風格はもう現れていたのである。実は川端の文学が最も力強い、最も優れた作品は『伊豆の踊り子』ではなく、『雪の国』なのである。しかし、すべての作家の創作過程は発展しているものだと思うから、私は川端文学の出発点――『伊豆の踊り子』についての分析を通じて、自分の考えと感想を述べたいと思う。

  本研究は先行研究を踏まえながら、『伊豆の踊り子』の創作特質を整理し、考察した上に、『伊豆の踊り子』における体現の特徴を研究していきたい。さらに、川端文学における特徴、特に表現における特徴を見い出すつもりである。

キーワード:『伊豆の踊り子』; 文学特質; 川端康成; 小説

相关论文题目: