《伊豆的舞女》中的物哀之美_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(禹珊)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-05-05
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:11912
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:川端康成の作品の内容、芸術風格、美感が全部日本伝統的な美意識から恩恵をうけた。作家は個人的な孤立的な存在ではないので、作家自身の原因がある。その中にもう民族心理、文化の伝統などの社会学の要素が入り込んだからである。川端康成の日本伝統的な美意識もちょうど彼の作品の中に完璧に表されたのである。本文は『伊豆の踊り子』がながれてきた「物哀れ」を分析し、作家の美意識を検討しょうと思う。「物哀れ」は日本民族の重要な審美の追求だ。このようなの審美意識の形成は特殊な民族環境と深い人文背景につながっている。川端文学の思想特徴を形成するのはまず彼の人生経験に関わる。含蓄があって、余韻が絶えない美しい文学の世界を構築するのはまさに川端康成の文学の魅力的なものである。

キーワード:伊豆の踊り子;物哀れ;川端康成

 

中文摘要:《伊豆的舞女》是日本首位获得诺贝尔文学奖的著名作家川端康成的早期作品,它写于1926年,发表在《文艺时代》上。在这里,他饱蘸伊豆风情写下了一个凄婉含蓄而又朦朦胧胧的青春爱情故事,其间无不渗透着当时日本民族文化的心态,一种强烈的生命意识,即在现实的重压和冷酷面前,人们的哀伤、忧愁。它宛如负载着人性的灵魂,使作者温柔的伤感、淡淡的哀愁从中流过并与之融为一体,作者在这里找到了自己的生命家园。这种哀伤与忧愁同小说情节融为一体,并成为该小说的一大特色,而这一特色正是日本文学美学的传统理念——物哀的体现。

关键词:伊豆的舞女;物哀;川端康成

相关论文题目: