中日企业文化研究_日语论文.rar

资料分类:日语论文 高级会员(禹珊)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-05-05
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:11455
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:経済のグローバル化の発展に従って、各国は地球村に向かって進んでいる。中国と日本もお互いの感知と学習の過程中近くなってくるので、中日企業文化を十分に了解すれば、当代大学生にとっていい勉強になれる。とりわけ日本語科の学生にとってはかかせない常識のような存在である。

  本文の第一章は企業文化の概念から、先ず企業文化の内容や形式や意義等の常識を紹介する。そして、中日企業文化の現状を詳しく分析し、両国の企業文化を充分に理解する前に、その現状を述べたのは後文に述べる企業文化の比較の基礎をよく固めるためである。

  第二章は主に比較という方法で中日の企業文化を分析する。第一節は社会文化から中日企業文化を見る。大体「心の修養」、「恥」の文化、「誠実文化」の三つの部分からなる。第二節は更に日本企業に潜在する五つの規則から、両国企業文化の異同を比較する。一つ目は社員を評価する標準のファーストワンは企業に対する忠誠度である。二つ目は日本の企業に長くいたいなら、十人並みで安定するはずである。三つ目は人を採用すれば疑わない、疑われる人は採用せずという原則である。四つ目は先に新しい物を作らないが、細かい点まで究極にするのである。五つ目は女性がまだ重用され難いである。第三節は中国企業文化の特別な発展モデルから較べる。一つ目は企業文化となると、現代企業制度からはなれないのである。二つ目は中国の優秀な伝統文化を基礎とするのである。三つ目は中国の優秀な哲学で西洋の管理技術をカバーすべきである。四つ目は中国は自分なりの個性を持つべきである。

  第三章は中国企業にもたらす影響から中日企業文化を了解する。第一節は

「社会責任の強調、歴史使命の背負い」、第二節は「いかに人材を留め、忠誠心を培うか」、第三節は「団体組織の強化建設」、第四節は「企業文化の重要視」である。それによって、日本企業の発展は中国企業にあたえる啓示が見られる。

 限りない可能性がある未来では、中国と日本も粋を取って糟を捨てる過程中新しい階段に入っている。両国の企業文化への研究もまた続けていくであろう。

キーワード:  中日企業  企業文化  発展モデル  影響

 

摘要:随着全球化经济的发展,各国都向地球村靠拢。由于中国和日本也在互相感知、互相学习的过程中不断亲近,充分了解中日企业文化,对当代大学生而言不无裨益。尤其对日语学科的学生而言更是一种必备常识。

    本文第一章从企业文化的概念出发,先大致介绍了企业文化的内容、形式、意义等常识。再者详细分析了中日企业文化的现状,在充分了解两国企业文化以前先对现状加以阐述,为下文的比较奠定基础。

    第二章主要是用比较的方式来剖析中日企业文化。第一节是从社会文化来看中日企业文化。主要分为“心的修养”、“羞耻文化”、“诚实文化”三部分。第二节进一步从日本企业的五项潜在规则比较了两国企业文化的异同。主要为:(1)公司评价员工的标准首先是对企业的忠诚心;(2)要在日本公司长期发展一般要稳定;(3)疑人不用,用人不疑原则;(4)虽然不能够率先创新,但在细节上做到了极致;(5)女性仍然得不到重用。第三节是从中国企业文化的特色发展模式来对比中日企业文化。主要是:(1)谈企业文化不能离开现代企业制度;(2)以中国的优秀传统文化为基础;(3)应该用中国的优秀哲学来统御西方的管理技术;(4)中国应该表现出自身的个性。

    第三章是从日本企业文化对中国企业的影响来了解中日企业文化。第一节为“强调社会责任,背负历史使命”、第二节为“怎样挽留人才,培养忠诚心”、第三节为“集团组织的强化建设”、第四节为“对企业文化的重视”。详细阐述了日本企业文化对中国企业文化的影响。从而认识日本企业发展对中国企业的启迪。

    随着数字信息时代的不断发展,中日企业文化也在不断前进。在无限可能的未来,中日企业文化也将在互相“取其精华,去其糟粕”的过程中迈入新的阶段。而对两国企业文化的无限探索也将继续深入。

关键词:  中日企业  企业文化  发展摸式  影响

相关论文题目: