黑泽明电影中的武士道精神_日语论文.rar

资料分类:日语论文 高级会员(巧乐兹)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-05-21
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:8727
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:黒沢明が日本映画史を代表する映画監督であることは、疑問の余地がない。黒沢明は、彼の50年の映画のキャリアの中で、28部の作品を監督していた。彼の作品はほぼ全部の5,60年代の国際映画の芸術動向を率いてきた。1950年に大映で撮影した『羅生門』は、1951年にヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。その映像感覚が国際的に注目された。

  黒沢明は独特な性格がある監督である。彼の作品の個人的な特性は武士道精神である。この精神は黒沢明自分自身が武士道精神についての認識と理解である。この精神のために、彼は彼と同時代の日本の監督と比べて差があって、世界的に有名な監督になった。彼は彼の観点を映画という方式で、世界に向いて東洋の文化のユニークな魅力を教えてきた。

  周知のとおり、武士道精神は日本で千年存在していた。多年の文化遺産は、芸術創作のために豊かな精神土壌を提供した。日本の映画もこの土壌の養分を吸収して育った。黒沢明監督の作品もこの土壌に根を下ろした。十分な文化遺産がないと、彼の作品はユニークな気質を持っていないだろう。黒沢明は自分の独特な探求によって、この伝統文化を深く掘削して、熱心に自分で目に武士道の本当の精神を追求していた。そして、映画の方式では、武士道精神に対しての態度と理解を表した。

  この武士道精神は黒沢明の映画の中で主に以下の点で表す。まず、テーマの選択は多く日本の侍の物語によって背景にした。例えば、有名な『姿三四郎』、『七人の侍』、『羅生門』、『影武者』などがある。第二に、人物を描き出すのは、主に侍の性格の描写に注力した。彼は姿三四郎のような侍の個人を描いて、また、『七人の侍』の中で多面の侍たちを描いていた。黒沢明の作品は彼自身の強い武士意識と独特な表現方式によって意味深長になれた。

  本論文は、黒沢明の映画から見た武士道精神を分析することを目的とする。同時に、どのような環境のもとに黒沢明が成果をあげたか、彼の人生にどんな経験をして初めて、人々にびっくりさせるような佳作を完成したのかも分析する。

 

摘要:谈及日本电影导演,我们就不得不提黑泽明。黑泽明在他50年的电影生涯中共导演了28部影片,他的作品引导了整个50、60年代国际电影艺术的潮流。1951年他的作品《罗生门》获得威尼斯电影节的金狮奖,从而使他得到世界电影大师的荣誉,使他的导演艺术得到国际社会的承认。

   黑泽明是一位个性鲜明的导演,他之所以能有别于与他同时代的日本导演,而挤身于世界著名导演之列,是由于他影片中独特的个人特征,这种个人特征就是贯穿他作品的浓烈的武士道精神。在这种精神体现的背后,则是黑泽明自身对武士道精神的认识和理解。他将他的观点通过电影的方式,告诉了整个日本民族,并且让世界了解了东方文化特有的魅力。

   众所周知,武士道精神在日本存在了1000多年,这么多年的文化积淀,为艺术创作提供了丰富的精神土壤,日本电影也正是受了这块土壤的滋养而成长起来的。黑泽明的作品同样是植根于这块土壤之上。如果没有足够的文化积淀,他的作品便不可能有这么独特的气质。而黑泽明又以自己独到的探索,对这种文化传统作了深刻的挖掘,他热烈追求着自己心目中真正的武士道精神,并以电影的方式,表明自己对武士道精神的态度和领悟。

   这种武士道精神在黑泽明的作品中集中体现在这样几个方面:首先,在题材选择上,多以日本武士故事为背景,如著名的《姿三四郎》、《七武士》、《罗生门》、《影武者》等等;其次,在人物塑造上,专注于武士形象的刻画。他曾经塑造过像姿三四郎这样的武士个体,也塑造过《七武士》中多面的武士群像。正是由于黑泽明这种强烈的武士意识,加上他独特的个人表达,使他的作品获得一种隽永、深刻的思想和别具一格的风格。

本论文正是试图通过论述黑泽明作品中强烈的武士意识和他独特的个人表达的巧妙结合,揭示黑泽明武士系列电影的独到之处。

相关论文题目: