《雪国》中的意识流_日语论文.rar

资料分类:日语论文 高级会员(fuyifan)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-05-24
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告,任务书 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:8858
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:川端康成は日本近現代文学史での有名な作家で、日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した作家である。この作家のことが分からないと日本文学が理解できるとは言えないだろう。川端康成の文学の中で意識の流れは重要な創作方法で、研究する必要があると思う。意識の流れが分からないと、川端康成の文学が理解できないと言えるかもしれない。

  『雪国』は日本の古典文学と西洋の新しい創作方法の結晶である。本文は『雪国』における意識の流れから川端康成なりの意識の流れを分析してみた。

  「意識の流れ」は、最初心理学の概念で、人間の意識はいつも変化し流れているという概念である。意識の流れの創作方法は常に「内的独白」、「自由連想」と「モンタージュ」を指して言うのである。

  次は、『雪国』における意識の流れを分析してみた。例として『雪国』の三つの段落を挙げて「意識の流れ」を分析してみた。「内的独白」と「自由連想」と「モンタージュ」は『雪国』の中での表現を分析した。

  川端は伊藤整を経由して、「意識の流れ」の影響を受けた。まとめて見れば、川端康成は「意識の流れ」の継承の上で発展して、自分なりの「意識の流れ」を作った。その特徴は、特別な単語で表わした「内的独白」、乱れたようであるが、完璧な整体が見られた「自由連想」と生き生きとした「モンタージュ」である。

  本文を通して、川端康成なりの「意識の流れ」の創作方法だけでなく、日本の近現代文学をもっと深く理解できるだろう。

キ-ワ-ド:川端康成、『雪国』、意識の流れ

 

摘要:川端康成是日本近现代文学史上有名的作家,也是第一个获得诺贝尔文学奖的日本人。可以说如果不了解这个作家就不能说了解日本文学,而在川端康成的文学中,意识流是一个非常重要的写作手法,很有研究的必要。如果不理解意识流或许就不能理解川端文学。

   《雪国》是日本古典文学与西方新兴写作手法的结晶,这篇论文是通过《雪国》中的意识流来研究川端康成式的意识流写作手法。

   意识流最初是心理学上的一个概念,所谓的意识流是指人的意识总是变化流动的。意识流通常有“内心独白”“自由联想”、“蒙太奇”这三种创作手法。

   接着,选取了《雪国》中三个段落为例,分析其中的意识流,对小说中运用“内心独白”“自由联想”、“蒙太奇”这三种手法的地方进行逐一分析。

   川端康成是通过伊藤整接触意识流的,总的来讲,川端康成继承和发展了意识流,同时形成了具有自身特色的意识流。用特别的词语来表现“内心独白”;看似杂乱无章但却整体美感极强的“自由联想”以及生动的“蒙太奇”这就是川端康成式的意识流的特色。

   通过这篇论文,我们不仅理解川端康成式的意识流的写作手法,而且能更加深刻地理解日本近现代文学。

关键词:川端康成、《雪国》、意识流

相关论文题目: