日本人的生死观_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(乖,爱学习)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-06-13
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:5916
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨: 日本人の死生観は、誠にわれわれ中国人にとって分かりにくいことなのだ。彼らが死を一種の解脱あるいは幸福なことだと見なしている。日本人は死亡への未練を捨てきれない。具体的な状況から見れば、少しだけ理解ができる。死は生命というより温暖な帰結だと言えるかもしれない。日本人の死生観は「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している」である。日本人の死生観を具体的に見れば、人生が短く、桜と同じように、たとえ死んでも、断固として離れるべきだと思う。桜が散るときに、汚れていなくて、あっさりして、日本的精神のシンボルになる。人間は文化の影響を受けている。そして、人間の意識は文化の発展を推進している。それで、死を尊重する日本文化は日本人独特の死生観を形成している。日本人独特の死生観は日本人の自殺にも影響を与えている。戦後日本の武士道の文化は、しばらくの間、日本社会の禁忌になった。それは多くの日本人に嫌がられて、破滅したかのように見えるが、実は死滅していなかった。日本社会の武士道文化が日本民族の心理に与えられた影響は深い。特に「生死を軽んじ、承諾を重んじる」という思想だ。最後に、人間の疾病に対する認識がかなり限られた時代では、安楽死を法律で認めれば、悪人に利用される可能性がある。それにしても、1994年厚生省の調査データによると、八割の日本人が消極的な安楽死を認めているそうだ。1976年に成立した安楽死協会が積極的に日本人の安楽死を合法化させる努力をし続けてきている。

キーワード:日本人;死生観;桜;自殺;武士道;安楽死

 

摘要: 日本人的生死观,委实让我们中国人难以弄明白。据说“日本人将死亡看作是一种解脱或幸福。总之,日本人对死亡有着一种病态似的迷恋。”如果放到具体的情境之下来看,或许倒让人稍稍有些能够理解。比起生命,死亡更像是一个温暖的归宿。作为日本人的生死观,“死并非生的对立面,而作为生的一部分永存”。具体来看日本人的生死观,日本人认为,人生短暂,活着就要像樱花一样,即使是要死,也该果断离去。樱花凋落时,不污不染,很干脆,被尊为日本精神的象征。文化影响着人的观念,而人的观念又推动着文化的发展。那么,崇尚死的文化又形成了日本人独特的生死观。而日本人独特的生死观又促成了日本人的自杀。战后日本武士道文化一度成为日本社会的禁忌,大多数日本人对其嗤之以鼻,长期兴盛的武士道最终走到了穷途末路。但是,作为长期流行于日本社会的武士文化,尤其“轻生死,重承诺”的思想,对日本民族心理产生的影响是深远的。最后,在人们对疾病的认识还十分有限的情况下,安乐死如果以法律形式确认下来,可能会被一些人利用。尽管如此,日本厚生省1994年的调查报告显示,80%的日本人积极承认消极的安乐死。1976年成立的安乐死协会一直在积极行动,力图使日本人的安乐死合法化。

关键词:日本人;生死观;樱花;自杀;武士道;安乐死

相关论文题目: