道德革命--关于《人间失格》的创作思想_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(乖,爱学习)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-06-13
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10716
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:『人間失格』は無頼派作家太宰治によって、第二次世界大戦直後の昭和23年に創作されたものである。また、特別な時期に太宰治が『冬の花火』『春の枯葉』『斜陽』などの作品も創作し、それに最後『人間失格』を創作した一ヶ月後、自らの命を断ってしまった。戦後、数多くの作家たちが民主主義に注目した特別な時期はいったい作家太宰治にどんな影響を与えたか、更に太宰治にとって戦後はどんな意義があるか、『人間失格』はこれら四つの作品の中で、どんな地位を占めているか、『人間失格』は当時社会人の皆の価値観にどんな影響を与えたのかなど。これらの質問を持って本稿は、『人間失格』から、戦後の太宰治の「道徳革命」の創作思想ないし太宰治の作品の社会性を分析した。この研究を通じて、『人間失格』はなぜ長い間で、現代社会人の修身、人々の正しい価値観を導いている教科書になるかということは分かったら有りがたい。

キーワード:日本戦後;太宰治;民主主義;価値観;道徳革命

 

摘要: 《人间失格》是日本无赖派作家太宰治于第二次世界大战后不久的昭和23年创作的。此外在这一特殊时期,太宰治还创作了《冬天的花火》、《春天的枯叶》、《斜阳》等作品。并且在创作完最后一部作品《人间失格》一个月后自裁。在战后这个许多作家开始关注于民主主义的特殊时期,究竟给作家太宰治带来了怎样的影响;并且对太宰治来说“战后”又有着何种意义;以及《人间失格》在这四部作品中占有何种地位;小说《人间失格》对当时日本社会中人们的价值观来又带来怎样的影响呢?带着诸多疑问,本稿通过《人间失格》来考察战后太宰治“道德革命”的创作思想乃至其作品的社会性。通过以上研究,希望能明晓《人间失格》长时间里成为现代人端正举止,引导着人们正确的价值观的的教科书。

关键词:日本战后;太宰治;民主主义;价值观;道德革命

相关论文题目: