浅谈战后日本女性婚姻观的变迁_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(重庆小伙)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-09-07
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:9768
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:戦後、日本の経済の高度発展につれて、日本社会には大きいな変化を発生した。経済発展のニーズを満たすために、多くの女性たちは家を出て、就職するようになる。日本社会の「男は外、女は内」を主としての家庭モデルも「男は外、女は両立(両立とは家庭と事業の両立という意味)」という家庭モデルになる。そうすれば、女性の性別役割は専業主婦を両立に転換した。

日本の女性の結婚観はもう昔の保守的な観念のそれでなく、希望する結婚年齢も「晩婚化」しあるいは独身、結婚相手には年齢の近い人を望む傾向がある。同棲経験、離婚率も増え、これらは日本の女性の結婚、家庭を本質的に変化をしたことを示している。

本論文では、時間通りに戦後から今までの結婚観を四つの部分を分ける。具体的にそれぞれの結婚かを帰納して、分析する。そして、結婚観の変化の原因を探求することを通して、日本女性の結婚観について深く理解できると考えた。

キーワード:日本女性;結婚観;変化の原因

 

摘要:随着二战后日本经济高度发展,整个社会发生了翻天覆地的变化,为适应经济发展的需要,越来越多的女性走出家门步入职场,日本社会从“男主外,女主内”为主的家庭模式转换为“男主外,女两立(两立指家庭和事业两不误)”为主的家庭模式,女性的性别角色由原来的纯粹家庭主妇转换到兼顾家庭和事业。 

同样,日本女性对于婚姻,家庭不再像以前那样保守,而是希望独身或是愈来愈晚婚,希望的结婚对象年龄差距也越来越小,未婚同居,离婚率的增加显示了日本女性婚姻家庭观念和制度有了质的飞跃。

本论文将战后至今分成了四个时间段,对各个时期的结婚观具体归纳分析,然后通过对变化原因的分析,以期加深对日本女性婚姻观的理解。

关键词:日本女性;结婚观;变化的原因

相关论文题目: