佳丽宝在中国化妆品市场的多品牌战略--以芙丽芳丝为例_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(娶你,敢嫁么)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-03
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:9860
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:市場経済の発展にしたがって、中国の市場はもはや新しい人気のある消費国になってきている。外資糸企業はいろいろな戦略をとって中国に進出している。化粧品市場で特には日本の企業が中国の多くの市場を占めている。その中で資生堂株式会社がずっと市場シェーアをしめたが最も多かったが、カネボウ株式会社(以下はカネボウ略称)もう早く発展ていている。

日本の第二位の化粧品株式会社として、カネボウはさまざまな製品を発表した。しかも、各階層の消費者に適合している。金融危機がきた結果、市場の中心はだんだんヨーロッパから中国へと活動している。しかし、資生堂株式会社は既に各の中国化粧品市場を占めているので、カネボウはどのように対応するのか。それわれわれの中国化粧品企業は何を勉強になるのか。

本論文ではブランド戦略、多ブランド戦略を分析し、そしてカネボウ会社の中国化粧品市場で多ブランド戦略を追究し、まではフリープラスブランドを例として、日本のカネボウの成功した経験を中国企業に生かしてほしい。

キーワード:ブランド戦略  多ブランド戦略  カネボウ  中国市場  化粧品

 

目次

要旨

中文摘要

1. 緒論1

1.1研究の背景

1.2研究の現状と問題提起

1.3研究の目的

2. 多ブランド戦略について.2

2.1 ブランド戦略の概念

2.2多ブランド戦略の概念

2.3多ブランド戦略の意味

2.4多ブランド戦略の限界性

3. 中国化粧品市場でカネボウ株式会社多ブランド戦略.4

3.1 カネボウのブランド概況

3.2中国化粧品市場でカネボウの多ブランド戦略

4. 事例研究:カネボウ株式会社のフリープラス6

4.1 フリープラスのブランド概況

4.2 フリープラスのブランドイメージ

4.3フリープラスのブランドの位置づけと中国での普及

5.中国化粧品企業への 啓示:カネボウを勉強し、相応しいブランドを位置づける. 8

参考文献.9

謝辞10

相关论文题目: