电影看日本人的人生观--最后的武士、罗生门、入殓师 为例_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(mi胖胖)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-11-17
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:9409
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:映画は、一国の社会文化の鏡である。映画を鑑賞するのが知らず知らずのうちに現れてきた文化の因子を探すということができる。本論文では、日本映画の発展史をさかのぼり、『最後の武士』、『羅生門』と『おくりびと』この三本の映画名作を中心に分析した。それに、上述した映画の文化因子によって、日本人の人生観をいっそうに深めて研究した。その上、日本人の人生観の特徴およびその人生観の形成背景を詳しく説明した。最後に、世界における日本映画の地位と印象をまとめる。また、映画に対して日本監督たちの態度を誉めそやした。しかも、新しい環境に良い発展の求めるために、あるべき反省と変化を提出した。

キーワード:映画;人生観;日本と世界

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1はじめに-1

1.1研究の動機及び目的-1

1.2先行研究のまとめと新しい視点-2

2 日本映画の発展-3

3 映画にから見られる日本人の人生観-5

3.1 『最後の武士』―道徳観「忠実」 -5

3.2 『羅生門』―栄辱観「恥」-5

3.3 『おくりびと』―死生観「死亡至上」-6

4  人生観に対する反省-8

4.1 人生観形成の要因-8

4.2 世界における日本映画-11

5 まとめ-12

参考文献 -14

 

相关论文题目: