《源氏物语》里的佛教思想与影响_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(小姿)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-02-03
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:12578
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:『源氏物語』が十一世紀初頭、宮廷に仕えた女流作家、紫式部によって書かれた長篇であり、「世界最古の長篇小説」と呼ばれ、日本文学史上最高の傑作とされる王朝物語である。物語は、主人公光源氏の一生とその一族たちの様々の人生を70年余にわたって構成し、王朝文化の最盛期の宮廷の生活の内実を優艶に、かつ克明に描き尽くしている。光源氏の奔放な恋愛生活、女性遍歴を通し、地位、権力をかちえていく過程と、晩年にこれまでの罪の応報におののきながら、孤独な生活、出家、そして死を迎えることとなる。本文は宗教の角度から『源氏物語』を分析する。平安時代に本格的な仏教宗派成立した。日本仏教界に2人の天才が現れた、最澄と空海である。

さらに、『源氏物語』には仏教思想の影響が深く見受けられる。本文は主に、無常因果、宿命論から論じる。良いことであろう悪いことであろう、昔やったことは必ず何時か我が身にし返す、その応報は仏教で善因善果・悪因悪果という因果応報思想の体現である。光源氏は昔の罪に対する我が身への報いと堅く信じ、苦しんだ。これはまさに諸行無常と因果循環の最高の解釈であると思う。そして、彼の一生の運命は仏教の中の宿命であろうか。平安時代の人間、特に宮廷貴族は仏教典籍などを接触する機会が多いから、不満や失望の現世から逃げ、浄土への関心が高まり、極楽往生を願うことが盛んになった。これも『源氏物語』における様々な人物が出家を決意した原因である。

キーワード:源氏物語;仏教;諸行無常;因果循環;宿命

 

目次

中文摘要

要旨

第1章  はじめに-1

1.1  日本の仏教の発展-1

1.2  『源氏物語』の誕生-1

第2章  『源氏物語』の概要と文化背景-3

2.1  『源氏物語』の概要-3

2.2  『源氏物語』の文化背景-3

第3章 日本における仏教発展の歴史-5

3.1  日本仏教の歴史-5

3.2 聖徳太子と仏教-6

3.3  平安時代の仏教-7

第4章 『源氏物語』における仏教-9

4.1  出家-9

4.2 無常・因果-10

4.3 宿世観-11

第5章  おわりに-12

参考文献-14

謝  辞-15

相关论文题目: