东野圭吾作品《白夜行》的人性与社会_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(乖宝宝)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-03-10
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:11414
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:東野圭吾は『白夜行』で素晴らしい生活を求めるために手段を選ばない雪穂と雪穂を守るために罪を犯す亮司を描いた。この二人を通じて、東野圭吾の作品で人間性を鑑賞することができる。そして人間性についてのことは二つ部分から分析することができる。一つは人間性と社会問題のお互いの影響、人の成長過程でいろいろな社会問題とトラウマは人間性の変化を引き起こす。『白夜行』で歪曲される人間性を描かれているは同情を博しない、実際生活の一つ面を見せる。亮司と雪穂の成長過程を描いている同時、日本社会の変化も浮かぶ。亮司と雪穂の悲劇は誰のせいでもなくて、社会の悲劇だ。亮司と雪穂は不幸な少年時代を経て、経験したトラウマは彼らの今後の犯罪の重要な誘因になる。もう一つは人間性の対立、つまり人間性は善と悪の対立である。亮司と雪穂の本質は優しいが、いい生活を追求するため暗さに陥っていた。人間性は良いかと悪いか簡単に断言できない。

キーワード:東野圭吾;人間性;善悪;社会環境

 

目次

要旨

中文摘要

第1章 はじめに-1

 1.1 東野圭吾ブーム-1

1.2 東野ブームの原因-1

第2章 『白夜行』における人間像-3

  2.1 唐沢雪穂の人間像について-3

 2.2 桐原亮司の人間像について-3

第3章 『白夜行』における人間性の形成-5

3.1 雪穂と亮司の人間性の考察-5

 3.2 『白夜行』の人間性と社会原因-5

第4章 東野圭吾作品の人間性への分析-7

4.1 他の作品における人間性-7

4.2 人間性の悪と善への考察-7

第5章 終わりに-9

5.1結論-9

5.2展望-9

参考文献-11

謝辞-12

相关论文题目: