从《源氏物语》看女性的地位_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(乖宝宝)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-03-11
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:11471
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:『源氏物語』は日本最古の長編小説で、作者の紫式部が繊細な哀しみのひっちで貴族の男女の感情生活を書いた。日本の平安時代の貴族について多くの活動は女性を中心に、当時の貴族の女子は皆良い教育を受け入れることを始めて、律と漢詩を学習する。当時の貴族の女性の地位が高く、社会生活の中で重要な位置を占めて、しかし事実は、これらの貴族の女性が政治闘争の中の餌と犠牲だけである。すべての女性は地位が違くて、音容がさまざまだが、立場は同じである。悲劇に免れる人がいないのは衝撃的な社会の悲劇である。作者は主に源氏の愛情生活を描写するが、単に愛情を描写するのではなくて、源氏の恋愛、婚姻を通して、一夫多妻制の下で女性の悲惨な運命を掲示する。貴族社会の中で、男女の縁組みはよく政治の利益と関連させたので、政治闘争の手段で、女性は政治の取引する道具になった。作者が中等の貴族の宮廷の女性として、感情の生活がでこぼこで、その上宮廷の生活に直接な体験があるため、平安時期の貴族の情況に対して非常に理解して、本の中で描写する女性の人物、みんな手元にすべてとても明らかな独特な場所があって、あまりに多く描写する必要はなくて、一言葉ではっきりすべての人の性格をいう。しかし彼女たちの結末は大部分がすべて悲劇に向く。物語の研究で日本の女性地位と日本の社会を了解して、今の社会に啓示をもたらす。

本稿はまず主人公と周囲の女性のストーリをめぐって、女性の地位と悲惨な結末を紹介する。次に当時の日本の身分制度と女性の身分の地位および権勢の闘争の中の女性を述べるうえに、女性の思想と生活地位を述べる。さらに、同時の日本女性の悲惨の運命を論述する。

キーワード:貴族;女性;政治と悲劇

 

目次

要旨

中文摘要

第1章 はじめに-1

第2章 女性についてのラブストーリー-3

2.1 光源氏の周りの女性の概述-3

2.2 薰君の周りの女性の概述-3

第3章  当時の日本身分制度-5

3.1 宮廷背景 -5

3.2 宮廷に生きる女房-5

第4章 権勢の闘争の中の女性-7

4.1 宮廷権力闘争-7

4.2 政治闘争の中の女性-7

第5章 当時の女性の思想と生活地位-9

5.1 宿世-9

5.2 仏教思想-9

5.3 男女の交際-10

5.4 典型的な女性像-10

第6章 おわりに-13

参考文献-15

謝 辞-16

相关论文题目: