简述《半泽直树》中反映的日本社会特征_日语论文.docx

资料分类:日语论文 高级会员(佩佩教授)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-09-05
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10795
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:

 

本文はドラマの様々なことを分析し、日本社会の特徴を示す。

このドラマは超人気になった、さまざまな人間の共鳴を感じる。つまりこのドラマはいかに社会的事象を表象しうるのかが分析されてゆく、特に人間たち認めた人気ドラマだ。稲作文化は、日本人の集団主義の形成に大きな影響を与える。

日本銀行社員の仕事場面で、日本社会の集団意識を感じる。稟議制度だけでなく、自己紹介の特別な用法も集団意識の特徴を反映する。西大阪スチールという企業は運転資金5億円の融資を要求し、半沢の部に稟議書を作成するように命じた。緊急で稟議を通してしまいます。融資課長である直樹がいくら止めても聞きません。この仕事詳細はただ集団意識の一つ場面である。

また、同期関係はヨコ社会の一つの特徴である。同期関係心理性の近さをあげ、集団を受けられ、協同的競争でもある。第3話に、同期の間にも競争がある。同期の仲間にあるひとつが昇進して、ほかの人の出向して、ほかの会社に派遣する。それから、同期社員の間に一致進退がある。この協同的競争はヨコ会社の特徴である。

「天下り」は日本政治の一つ特徴として、近代から存在している。「官僚の再就職」という素直な解釈し、現代の民衆だんだん納得できない。それでも、安倍政治にその「天下り」も大変です。

人気ドラマから日本社会をみる方法の可能性になる。たくさんの職業ドラマを見って、共通点を探す、段々日本社会の一部分のことを知ってる。これは映像文化から一番便利な習う方法、最もいい日本をしる道を証明できる。

 

キーワード:集団意識;同期;ヨコ社会;天下り

 

目次

摘要

要旨

始めに-1

1.ドラマのストーリー-2

2.ドラマに日本会社の特徴-5

2.1集団意識-5

2.2同期関係―ヨコ会社の反映-5

2.3天下りの官僚政治-5

3.集団意識-6

3.1集団意識の源―稲作文化に生まれた-6

3.2集団意識の主導-6

3.3派閥争い-7

3.4集団意識は半沢出向決める-8

4.同期―ヨコ会社の人間関係-9

4.1同期意識とは-9

4.2「半沢直樹」の同期意識-9

4.3同期の人脈-10

5.官僚の天下り-11

5.1天下りは何か-11

5.2政官業の癒着-11

5.3当代の天下り-12

終わりに-14

参考文献-15

謝辞-16

相关论文题目: