日常会話に使われる動詞の丁寧体の否定形式に対する分析_日语论文.docx

资料分类:日语论文 高级会员(佩佩教授)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-09-12
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10145
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨

 

日本は丁寧さを非常に注意する国である。日常会話に常に丁寧形の「です形」と「ます形」が使われている。本研究では、日常会話に使われる動詞の丁寧体に関する言語的な違いを明らかにしたい。会話の内容と話し手の関係を兼ねて分析し、その結果は会話を順調に進めることに役に立つと思う。また、それは非母語話者の日本語教育にも役に立つと思う。

 

キーワード:日常会話 ポライトネス論 否定 文脈上の意味

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2. 先行研究-1

2.1 動詞丁寧体の種類-1

2.2 丁寧形の起源や変化-2

3. 動詞丁寧体の使用状況-2

4. 「ません」形と「ないです」形における文脈上の比較-4

4. 1 「動詞+ません」の文脈的な意味-4

4. 2 「動詞+ないです」の文脈的な意味-5

4.3 「ません」形と「ないです」形における文脈の区別-6

5.「ません」形と「ないです」形におけるポライトネスの比較-7

5.1 「ません」形のポライトネス-8

5.2 「ないです」形のポライトネス-9

5.3「ません」形と「ないです」形におけるポライトネスの比較-10

6.おわりに-11

参考文献-12

相关论文题目: