关于东野圭吾作品中恶女形象的研究_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(王导)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-09-17
需要金币3000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:12672
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨

 

東野圭吾は推理小説界で右に出る者のない大立者である。社会現状に立脚点を置き、社会現実を描いて、社会問題と人間性から手をつけて、悲劇を描いている。特に小説の女性の姿は鮮明で、境遇は変わっている。彼女たちはしばしば男性に傷害されて、犯罪に走っている。そんなの女性は「悪女」と言われている。筆者はその中に著しい女性犯罪者を描いている長編小説『容疑者Xの献身』、『聖女の救済』、『白夜行』を基にして、「悪女」の成因、特性とその裏に社会意義を分析する。

論文は主に以下の部分を含んでいる:

まずは序文の中に東野圭吾と彼の「悪女」を描いているの作品を簡単に説明して、なぜならこの研究をしたい原因を説明する。目前中国の文学界は彼の作品についての研究現状を紹介して、本論の意義を位置づける。

次の第二章は論文の主要な部分である。この部分は東野圭吾の主要作品、例えば『容疑者Xの献身』について、その中にの悪女の姿を分析して、「どうして「聖女」は「悪女」になっているか」、「主動犯罪の悪女の生ける原因と背景はなんであるか」という問題を討論する。現代は「男女平等」と提唱するけれども、社会では依然としてたくさんの不平等な状況があるという現象。

続きましては論文の第三章、東野圭吾が生活している時代の女性の地位の変遷を簡単に紹介する。これは作品の現実基礎である。そして、作品の悪女が生活する社会の女性の現状を分析して、悪女の生ける原因について分析を行う。

最後は以上部分を基にして、悪女の特性をまとめる。東野圭吾の作品の「悪女」の姿は日本社会の男女矛盾を暴き出して、男性の覇権は女性に対して圧迫を加える現状を批判する。

その問題から見て、現代中国の発展も女性の家庭では社会では苦境に直面する状況を注意するわけであるという結論を出す。

 

キワード:東野圭吾 聖女 悪女 女性地位 男性社会

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

1.1問題提出-1

1.2先行研究-1

1.3研究意義-2

2. それぞれの悪女像-3

2.1追い込まれた靖子-3

2.2愛に狂った绫音-4

2.3心歪んだ雪穂-4

3.悪女の誕生する原因-6

3.1日本女性の社会地位の変遷から-6

3.2作品における女性の現状から-6

4.悪女像についての考え-8

4.1悪女の特性-8

4.2中国の女性状況-8

4.3中国の「悪女」-9

5. おわりに-10

参考文献-11

相关论文题目: