从《人间失格》看太宰治自杀原因_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(王导)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-09-17
需要金币3000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:15288
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨

 

太宰治は日本昭和文学史上に重要な地位を持っている小説家である。諧謔的、破滅的な作風で、坂口安吾、石川淳らとともに日本無頼派と称され、とても目立った存在である。太宰治は奇矯的な作家として知られ、波乱に富んだ一生を送った。三十九年の生涯で、四回の自殺未遂を繰り返し、一九四八年に五回目で愛人山崎富栄とともに入水心中、短い人生にピリオドを打ったのである。太宰治は論争がとても大きい作家である。彼の論争は一部分は彼によって素晴らしい作品にもたらしたにもかかわらず、作品を除いて、人々多く議論するのは彼の自殺である。そのため太宰治の作品を理解するには、自殺は回避することができない内容である。それに、自殺意識も太宰治文学思想を貫く重要な部分である。その中編小説『人間失格』の主人公大庭葉蔵は自我壊滅の方式で自分の命を終わらせる。本論文は大庭葉蔵と太宰治の自殺原因に対する分析を通じて、特に、社会、家庭、信仰三つの面から考察していて、太宰治の自殺と大庭葉蔵の自殺がその三つの面で似ているところがある一方、異なっているところがある。例えば、健康の原因、芥川龍之介自殺の影響を受けることである。そのため、私はこの論文をきっかけにして、葉蔵の描写を通じてより深く具体的に太宰治の自殺を浮き彫りにすることができる。本論文は日本語勉強者に太宰治の『人間失格』を拝読している時に、その作品に出された自殺及び太宰治の五回自殺経験にもっと充分な理解と認識があることが目指す。

 

キーワード:太宰治 大場葉蔵 『人間失格』 自殺原因

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

2.太宰治と『人間失格』-2

2.1太宰治について-2

  2.2『人間失格』について-2

2.2.1『人間失格』の内容-2

2.2.2『人間失格』の創作背景-3

2.2.3『人間失格』文学史の地位及び社会影響-3

3.『人間失格』における自殺-4

3.1主人公大庭葉蔵の自殺-4

3.2自殺の原因-4

3.2.1社会と相容れない-4

3.2.2家族に重視されない-5

3.2.3キリスト教の信仰-5

4.大庭葉蔵の自殺と太宰治の自殺-7

4.1太宰治本人の自殺-7

  4.2太宰治現実中自殺の原因-7

     4.2.1社会-7

   4.2.2家庭-8

   4.2.3信仰-8

  4.3太宰治の自殺と大庭葉蔵の自殺の比較-9

4.3.1類似なところ-9

4.3.2異なるところ-10

5.おわりに-12

参考文献-13

相关论文题目: