《河童》中芥川龙之介的自我影射_日语论文.docx

资料分类:日语论文 高级会员(梦溪)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-08
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:9278
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

概要:本論文の研究対象は『河童』による芥川竜之介の自我の投影である。本論文は主に、精神病患者、詩人トック、音楽家クラバックと学生ラップ四人の役を対象として分析を試みる。作者自身の現実的な生活状況につながり、芥川竜之介としては本に文字間の真実の感情の解読を論文の記述と共に進めていく。

キーワード:河童、自我の投影、芥川竜之介

 

目次

概要

中文摘要

序 章  研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的と方法-1

第2節 先行研究及び不足-1

第一章 芥川竜之介と『河童』-2

第1節 芥川竜之介の紹介-2

第2節 『河童』の紹介-2

第二章 精神病患者について-3

第1節 患者の紹介-3

第2節 芥川竜之介との関係 消極的な逃避-3

第三章 詩人トックについて-4

第1節 詩人の紹介-4

第2節 芥川竜之介との関係 文学面からの圧迫-5

第四章 音楽家クラバックについて-6

第1節 音楽家の紹介-6

第2節 芥川竜之介との関係 文学才能への心配-6

第五章 学生ラップについて-7

第1節 学生の紹介-7

第2節 芥川竜之介との関係 人生の悲しみ-7

終 章-8

参考文献-9

相关论文题目: