论《暗夜行路》中志贺直哉的价值观_日语论文.docx

资料分类:日语论文 高级会员(梦溪)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-09
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10923
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

概要:志賀直哉は日本近代文学の「シラカバ派」の代表的な作家であり、「日本小説の神様」と称賛され、日本文学の重鎮として主要な人物として知られている。『暗夜行路』は、志賀直哉が書いた小説の中で唯一の長編小説で、特別な意味を持っている。本論文では『暗夜行路』を取り上げ、『暗夜行路』に対する先行研究の分析結果と文献の調査から、志賀直哉の価値観を探求し、志賀直哉の価値観についての総括を行う。

 

キー・ワード:志賀直哉;暗夜行路;価値観

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節 先行研究-1

第1章 シラカバ派と志賀直哉-2

第1節 シラカバ派について-2

第2節 志賀直哉について-3

第2章 『暗夜行路』について-3

第1節 『暗夜行路』の紹介-3

第2節 『暗夜行路』の創作過程-4

第3章 『暗夜行路』における志賀直哉の価値観-5

第1節 個性解放の追求-5

第2節 女性に対する蔑視する-7

第3節 「和」を貴しとする-8

終  章-10

参考文献-11

相关论文题目: