《源氏物语》和《红楼梦》中的女性悲剧-以紫姬与宝钗为例.doc

资料分类:日语论文 高级会员(梦溪)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-18
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:13381
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨

 

『源氏物語』と『紅楼夢』は東方古典文学の代表作である。この二つの巨作には男主人公の周囲にある女子たちを巡り、一連の女性悲劇が描き出された。作家はこの二つの小説を作り上がったが、別に封建時代に生きる女性たちのためではない。しかし、これらの女性悲劇を通して、彼女たちへの同情が表現された。この課題は二つの作品にある“完璧”な女紫姫と宝釵を中心に、彼女たちの人生悲劇を招いた社会根源、個人性格などの原因を検討しようとする。この二人の経歴を鏡とし、封建時代に生きた女性たちの人生悲劇が見える。最後に、現代女性の立場から、何らかの理解と啓発が得られる。

 

キーワード:「源氏物語」;「紅楼夢」;紫姫;宝釵;悲劇

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1  はじめに-1

2  “完璧”女性としての宝釵と紫姫-2

3  社会悲劇-5

3.1  一夫多妻制の束縛-5

3.2  封建家長制の統制-6

4  性格悲劇-8

4.1  自我意識の喪失-8

4.2  自分感情の抑制-9

5  人生悲劇-11

5.1  夫を失った宝釵-11

5.2  恋をする権利を失った紫姫-11

6  現代女性に教えること-13

7  終わりに-15

参考文献-16

相关论文题目: