战后日本作家的生死观--以堀辰雄和三岛由纪夫为例_日语论文.docx

资料分类:日语论文 高级会员(白鲸)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-11-04
需要金币3000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:12564
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:従来の研究によって、日本人が特別な死生観を持っている。日本人の国民性に関している古典作であったベネディクト氏の『菊と刀』によると、「日本人が生命を大事にしていて、自分の生活品質を求めるとともに、高い自殺傾向もあった」。堀辰雄と三島由紀夫が日本の魂のような作家である。お二人の作品が日本人の国民性を研究するには絶好な手本である一方で、その個人の経歴は戦後日本作家の死生観の形成とも大きく繋がっている。本稿は日本人の死生観に焦点を当て、堀辰雄と三島由紀夫を例に、日本人の死生観を研究してみたいと思っている。全文の構成が以下のようである。まず、日本作家の死生観について紹介する。そして、堀辰雄を例に、日本作家の死生観に関する論説を分析する。次ぎには、三島由紀夫を例に、自殺した日本作家の死生観及びその形成要因を分析した。最後には、戦後日本作家の死生観について総結する。

戦後日本作家の死生観についての研究は日本人の死生観への理解を深めるには、大きな参考価値を持っている。その一方で、日本作家の死生観は集中的に日本人の国民性を代表した。そのため、日本作家の死生観についての研究は、日本人の国民性をもっと深く理解することに役に立つと思われる。これが中日間の交流を深めることには大きな意義がある。

 

キーワド:戦後  日本作家  堀辰雄  三島由紀夫  死生観

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.日本人の死生観について-2

2.1死生観とは-2

2.2日本人の死生観の内包-2

3.堀辰雄の死生観について-3

3.1堀辰雄に関する紹介-3

3.2堀辰雄の死生観の分析-4

4.三島由紀夫の死生観について-6

4.1三島由紀夫に関する紹介-6

4.2三島由紀夫の死生観の分析-7

5.戦後日本作家の死生観の総結-7

6.終わりに-10

謝辞-12

参考文献-13

相关论文题目: