《罗生门》复数视角的创作方式对日本现代推理小说的影响_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(白鲸)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-11-04
需要金币3000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10270
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

日本の現代推理小説に対する『羅生門』の影響について 

ー複数視角の創作方法を中心に

 

要 旨:『羅生門』という映画及び芥川龍之介の小説『藪の中』は、日本文壇、ひいては世界文壇に巨大な影響を及ぼし、特に芥川龍之介の叙述方法と複数視角方法は素晴らしいと見なされている。彼は複数視角を通じて、人間の心、特に利己主義を完璧に描く。現在、複数視角という創作方法は日本の推理小説界ではよく採用され、『羅生門』が与えられる影響力は軽視できない。

  本論文は『羅生門』の複数視角という創作方法を中心に、現代文壇における影響力のある推理小説『告白』と『白ゆき姫殺人事件』を例として、創作方法の特徴を深く分析し、また『羅生門』との関連性を考察し、『羅生門』が日本現代推理小説界に対する影響力を検討したいと思う。

 

キーワード:羅生門 複数視角  告白 白ゆき姫殺人事件 

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.『羅生門』の複数視角の創作方法について-2

3.小説『告白』-4

3.1物語のあらすじ-4

3.2『羅生門』との共通点-5

4.小説『白雪姫殺人事件』-7

4.1物語のあらすじ-7

4.2『羅生門』との共通点-7

5.終わりに-9

謝    辞-11

参考文献-12

相关论文题目: