从京都的建筑看日本人的传统美学_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(日语系小樱)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-08-27
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:11735
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:昔から、諸国・諸民族によってはそれぞれの美意識が異なる。美意識と地域民族性や宗教、文化との関係は、芸術家は芸術で避けることができない問題である。それも建築芸術を創造するときの必然的な反映でもある。京都の建築から日本人の美意識と民族性の関係がよく見える。濃厚な伝統的な文化に住み着いて、長い歴史がある京都の建築は他の民族の建築よりもっと強い自然への愛着を注ぐ。実は京都の建築は今日でも日本の建築の精神的な象徴である。建築は自然システムに納入されて、統一の芸術システムになってきた。いままで、日本の建物は自然の地勢と森の環境を利用し、建物と自然環境は二つから一つになって、人間と自然のやさしくて親しみ関係を追い求める。建物を作る場合、自然を再現する。しかも自然に従うと言うルールに基づいく。わざと大げさにせず、誇張せず、自然の物事の道理と人間の自然天性も違反せず、趣がある美しさの中に自然な雰囲気がやさしくて漂う。本稿では、京都の建築について、日本人の伝統的な美意識を分析してみたい。

キーワード:京都 建築 自然 美意識

 

  建築は自然システムを収め、統一の芸術システムになってきた。いままで、日本の寺は自然の地勢と森の環境を利用する。そして寺と自然環境は二つは一つになって、人間と自然のやさしくて親しみ関係を追い求める。建物を作る時、自然を再現する、自然に従うと言うルールに基づいく。わざと大げさにしず、誇張ず、自然の物事の道理と人間の自然天性も違反しないで、趣がある美しさの中に自然な雰囲気がやさしくて漂う。

 

相关论文题目: