中日义务教育的对比-师资为中心_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(我的男朋友)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-13
需要金币1500 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:6432
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

主旨:中国では、日本と同様、9年制義務教育制度が採用されている。さて、教員は義務教育が普及する過程に非常に重要な地位に占めている。それで、教員を合理に配置でないことは義務教育を制約する原因である。本文は中日両国義務教育教員現状をめぐって、教員を配置する方面影響する成因を題して論述を繰り広げ、また、それを通じて、日本の義務教育における長所を手本としている。

キーワード:中日義務教育、教員、比較

 

中文摘要:目前,中日两国都实行九年义务教育制度。然而,在义务教育的普及过程中,教师是处于一个十分重要的地位,因此,师资力量及其合理配置等问题成为制约着义务教育普及的重要因素。本文围绕两国义务教育方面师资的现状,从影响两国师资现状的教师资格认定、国家财政支持、教育制度等诸多因素进行论述分析,通过对比,学习借鉴日本在此方面的长处。

关键词:中日义务教育;教师;对比

 

  義務教育制度の普及は現代文明の標識と現代教育の基礎である。義務教育は国の建設と発展に大切な作用を発揮している。中国の隣国の日本は義務教育を普及する方面が巨大な成果をあげった。現在、中日両国は九年の義務教育制度が実施しているが、じっくり考察すると、両国間の義務教育の普及歴程や効果が莫大な格差が存在している。さて、教員は義務教育が普及する過程に非常に重要な地位に占めている。だから、教員の質量と合理に配置することは義務教育を制約している。それで、本文は中日両国義務教育の普及状況を比較して、とくに教員現状の影響要素などの比較を通じて、両国の義務教育の普及状況をよく知って、中国の義務教育が普及成果を承認すると同時に、日本の義務教育における長所を手本としている。それから、中国の義務教育の教員を合理に配置することについて提案して、我国の義務教育の普及に力を尽くしている。

 

相关论文题目: