论芥川龙之介作品中的悲观主义_日语论文.rar

资料分类:日语论文 高级会员(在职研究生)提供原创毕业论文日语论文资料更新时间:2017-10-22
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:6815
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:芥川龍之介は大正文壇鬼才である。彼は最後に自殺を選び、若い命を終わらせた。家族の理由により、幼い頃から叔父の養子になった。彼は頭がいいし、知識欲も旺盛であった。しかし、彼の体が弱く、病気がちだった。そして、彼の神経がとても敏感であった。これらは彼の創作に反映された。

  芥川龍之介の小説に強い悲観主義が表れた。本論は初期、中期および後期という時間順序で、芥川龍之介の作品に体現された悲観主義を探りたい。そして、その客観的な時代原因と主観的な原因を分析したい。より真実的な芥川を読者に見せたいと考える。

キ-ワ-ド:芥川龍之介;人生;矛盾;悲観主義;绝望

 

中文摘要:芥川生前得到“鬼才”之誉,他最终以自杀的方式结束了自己年轻的生命。因为家庭原因,自幼就过继给舅父,他聪明好学,但是体质虚弱,经常生病,而且他的神经特别敏感。这些都反映在他的小说里。

   芥川龙之介的小说体现了强烈的悲观主义。本论文通过早期、中期、晚期这种时间顺序的手法来诠释芥川龙之介在他的作品中体现的悲观主义,而且分析了其主观原因与客观原因,让读者看到更加真实的芥川。

关键词:芥川龙之介;人生;矛盾;悲观主义;绝望

 

 芥川龍之介の生後7ヵ月後頃に母が精神に異常を来たした。これは芥川の終生に暗い影を落とした。、彼は「點鬼簿」の最初の部分に「僕の母は精神病気者だった。僕は母から母そのもの特有のやさしい気持を持ったことがない」と言った。この言葉には、芥川の非難や痛みなどが含まれている。芥川は母がなくした後、叔父の養子として叔父の家に住いた。旧家の士族芥川家は江戸時代、代々徳川家に仕え雑用、茶の湯を担当したお数寄屋坊主の家である 。芥川龍之介は幼い頃からこの雰囲気の中で育った。芥川龍之介は幼いから頭がよく、知識欲が旺盛である 。しかし、彼は体が弱く、病気がちだった。そして、彼の神経がとても敏感である 。これすべては彼の作品に反映された。

 芥川龍之介の小説では、ほとんどの主人公は矛盾的心理がある。この予測がつかない世界で、彼らは最もよい生息地を探したい。これによって、芥川龍之介の小説は十分に強く寂しい雰囲気に覆われた。彼の自伝的な小説「或る阿呆の一生」(1927年10月に公開されて)の中で、作者は自分自身精神特質上の悲観的な感情をはっきり解明した。

 本論は初期、中期および後期という時間順序で、芥川龍之介の作品に体現された悲観主義を分析したい。

 

相关论文题目: