直哉论文”相关信息

浅析志賀直哉《到网走去》中的“母亲”形象_日语论文.doc

关于母亲形象深入到某一篇著作的研究却为数不多,所以本研究以志贺初期作品《到网走去》为中心,充分揣摩其中的母亲形象及其表现的目的,并归纳出志贺直哉的表现出的母亲形象...
分类:日语论文 | 字数:12984 | 上传日期:2017-11-05

志贺直哉作品中动植物的描写与作者的心境_日语论文.doc

本论文通过志贺直哉作品中对动植物的描写,对志贺直哉面对生与死时的心境进行考察,探究其独特的自然观、生死观,分析产生的背景和原因,品味和探讨志贺直哉作品的人文魅力和...
分类:日语论文 | 字数:10768 | 上传日期:2017-11-04

论《暗夜行路》中志贺直哉的价值观_日语论文.docx

この作品は志賀直哉が書いたそれまでの作品の集大成あり、他の作品との関連性も多くある。このため、『暗夜行路』には、志賀直哉の価値観のほぼすべてがはっきりと表現されて...
分类:日语论文 | 字数:10923 | 上传日期:2017-10-09

日本人的生命观--以志贺直哉《在城崎》为例_日语论文.docx

日本には死生観という言葉があり、昔、武士、作家から現代の人々に至って、死を通して生の見方を強調する日本人の独特の生命観を示している。そして、死生観を反映する作品も...
分类:日语论文 | 字数:9685 | 上传日期:2017-09-05

志贺直哉的《暗夜行路》-自然与自我_日语论文.rar

志賀文学について、日本学者達はそれぞれ深い研究をしていた。その中で、広津和郎、芥川竜之介、小林秀雄、本多秋五や須藤松雄、中村光夫などの学者は志賀直哉文学に関する研...
分类:日语论文 | 字数:14911 | 上传日期:2014-05-08

关于志贺直哉和史铁生的生死观-《在城崎》和《我与地坛》_日语论文.rar

「死」を悲観的な結果ととらえ「生」の素晴らしさを知る志賀直哉、「死」を待望する結果ととらえ、それまでの過程である「生」を楽しむ史鉄生。しかし、結果として「生」を決...
分类:日语论文 | 字数:8481 | 上传日期:2014-04-02

志贺直哉的心境小说ー以《在城崎》为中心_日语论文.doc

日本の私小説は大正時代後期に確立され、花袋の「蒲団」に始まるが、その自然主義の流れとそれに白樺派の大胆な自己表白の文学があらわれ、その二つが合流して私小説、心境小...
分类:日语论文 | 字数:9500 | 上传日期:2014-03-25

论志贺直哉《和解》中的“和解”意识_日语论文.doc

そこで、小論では、主に以上の二つの問題点を着目しながら、志賀の和解意識の形成する過程や調和的な心境の変化をめぐって分析しながら、論考してみたい。以下では、まず「自...
分类:日语论文 | 字数:7951 | 上传日期:2014-03-24
本页最多显示30条记录,更多相关论文请输入关键字查找。